代表挨拶

私たちは、東日本大震災で大きな被害に遭われた、福島・宮城・岩手の復興と伴に歩んでいきたいという思いからブランド名を「KIZUNA」と名付けました。
微力ではございますが、復興のお役に立てるように「復興支援宣言」をさせていただき、今後、様々な支援活動をさせていただく所存でおります。
皆様にも末永くご理解とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 阿部秀夫

代表の経歴

  • 1976-1992 上尾高校バドミントン部監督(全国優勝21回)
  • 1992-2014 日本ユニシス株式会社バドミントン部監督、シンボルスポーツ推進室長
  • 2000-2005 日本バドミントンナショナルチーム総監督
  • 2004 アテネオリンピック バドミントンヘッドコーチ
  • 2005 日本バドミントン協会理事(ジュニア強化部長)
  • 2009 日本バドミントン協会理事(ナショナル強化部長)
  • 2015 株式会社KIZUNAジャパン代表就任のため日本バドミントン協会理事を退任

相談役あいさつ

私は、バドミントン用品の製造に長年携わってまいりました。
その間、最高の技術と最高の製品で、バドミントンの発展、市場拡大に勤めてまいりました。
現在、日本には世界トップクラスのスタープレーヤーが多く存在しており、また、高品質の用具が豊富に揃っております。しかし、残念ながら、バドミントンは、未だメジャースポーツには成り得ておりません。
お客様の経済的負担の軽減、プレーヤーの底辺拡大、そして、福島・宮城・岩手県の復興協力を経営方針とする、KIZUNAジャパンの崇高な信念に感銘を受け、微力ではございますが、尽力させていただく所存です。
何卒ご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

相談役 船﨑正幸

特任顧問挨拶

私は、長年にわたり福島県でバドミントンに携わってまいりました。
2011年の東日本大震災を経験し、甚大な被害に見舞われた福島県・宮城県・岩手県の復興支援を会社方針とするKIZUNAジャパンの信念に感銘を受け、「東日本大震災 復興支援特任顧問」として復興支援活動をさせていただく所存でおります。
何卒ご愛顧賜りますよう、宜しくお願い致します。

特任顧問 吉田邦男

特任顧問経歴

  • 1988-2014 福島県実業団バドミントン連盟会長
  • 1995-2006 福島県バドミントン協会理事長
  • 2008-2014 福島県バドミントン協会会長
  • 2014 福島県バドミントン協会顧問

会社概要

  • 会社名 株式会社KIZUNAジャパン
  • 所在地 東京都台東区東上野4-1-8ザ・パークハウス上野浅草通り201
  • 設 立 2014年2月
  • 代表取締役 阿部秀夫
  • 資本金 4000万円
  • 事業内容 スポーツ用品の製造及び販売