2017年11月2日
匠の技「シャトル マイスター」

2017年度のKIZUNAシャトルは昨年までの3モデルから6モデルになり、より幅広いユーザーをカバーできるようになっております。
中でも大会球の第1種検定合格球「F000」「F111」第2種検定合格球「F222」は抜群の飛行安定性・耐久性・飛びを実現しております。
KIZUNAのシャトルは中国の自社工場で生産され、商品開発にはオリンピックシャトルを手がけたシャトル マイスターのシビアな部材選定・製造工程・性能テストにより最高のシャトルに仕上がっております。
1球、1球丁寧に作りこむ匠の技、是非KIZUNAシャトルを一度使用してみて下さい。

*「F222」は平成29年度東京都中学校体育連盟公認球です。

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

<店舗担当者からの評価>
スーパースポーツゼビオ上越店 小黒様 F111評価コメント

*使用感としてはシャトルの減速が少なく感じ、耐久性も申し分ないです。
打ちごたえも他社のトップレベルのシャトルとくらべても良く全く遜色ないです。

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

バドミントンKIZUNAジャパンシャトル

<店舗担当者からの評価>
ヴィクトリアイオンモールむさし村山店 村上様・F222評価コメント

*一番に感じたのは耐久性が良いこと、他社の練習球と比較しても格段に良かったのが驚きです。
普段の練習だと平均3球ほど使用して羽根がボロボロの状態になりますが今回は2時間の練習で2球しか使用しませんでした。
*飛びの安定性と球の伸びも予想以上でした。普段低価格のシャトルの使用率が多い為、他社高価格帯との比較は難しいですがネット ぎりぎりに打ってもネットにかからずにしっかり伸びてくれます。
他の経験者の方もクリアが狙った所に飛ぶ、と高評価でした。

ニュース一覧へ戻る